トップ > 各課のしごと > 住民生活課 > お知らせ > 生活環境について > ミツバチの分蜂について

ミツバチの分蜂について

ミツバチの分蜂について

bunpoubunpou

 春から夏にかけての時期に、庭木や軒先などに、何十匹ものミツバチが固まっていることがあります。これを分蜂(ぶんぽう)といって、ミツバチの巣別れ(引っ越し)です。

 ミツバチの巣は、一匹の女王バチと複数の働きバチから成り立っています。一つの巣に新しい女王バチが生まれたとき、古い女王バチが巣にいる働きバチを連れて集団で引っ越しをします。これを分蜂といいます。ミツバチなどの社会性昆虫にとっては、群れを増やす方法として、分蜂は重要な役割を果たします。

 一度にたくさんのハチが固まっており、「巨大な巣ができてしまった!」と慌てることがありますが、ミツバチが巣をつくる場所は樹の穴、屋根裏、床下などの閉鎖空間(天井があり壁などでおおわれている場所)です。この写真のようなむき出しになっている場所にいるのは、引っ越しの最中に一時的にとどまっているだけで、しばらくすると巣をつくるのに適した場所へ移動し、きれいさっぱりいなくなってしまいます。庭木などで分蜂をみかけたら、周囲に巣をつくりそうな箱などがあれば片付け、数日様子をみてください。

お問い合わせ先

共和町役場 住民生活課生活安全係
〒048-2292 北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-67-8783

更新情報