トップ > 各課のしごと > 住民生活課 > お知らせ > ごみについて > ごみの不法投棄は犯罪です!

ごみの不法投棄は犯罪です!

無くならない不法投棄

共和町内での人目につかない林道やごみステーションなどへの不法投棄が後を絶ちません。不法投棄は、法律により5年以下の懲役または1千万円以下の罰金、または同時に両方の刑を科されます。法人の場合には、3億円以下の罰金が科せられます。不法投棄は未遂行為でも処罰され、不法投棄をしようとしている時点で、不法投棄と同じ罰則が適用されます。過去には、町内の不法投棄を警察が捜査したところ、不法投棄の原因者が判明し、取調べの上、書類送検された事例がありました。

gomi

【国富地区で不法投棄されたごみ】                            

土地管理者は不法投棄対策を

不法投棄をした人が見つからない場合は、土地の所有者や土地を管理している人が廃棄物の処理をしなければなりません。フェンスやチェーンを設置したり、こまめに清掃(草刈り)をするなど、日ごろから十分な管理をお願いします。

地域の力で自然環境を守りましょう!

町では、不法投棄を未然に防ぐため、警察と連携し巡回パトロールを行っています。しかし、不法投棄を根絶するためには地域の方々の目が欠かせません。町の自然や景観を守るため、不法投棄を見かけたら、警察または役場住民生活課生活安全係へ通報してください。

police

  【警察による現場検証の様子】

お問い合わせ先

共和町役場 住民生活課生活安全係
〒048-2292 北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-73-2011(内線134)

更新情報