トップ > 各課のしごと > 住民生活課 > お知らせ > ごみについて > レジ袋の有料化

レジ袋の有料化

令和2年7月1日から全国でレジ袋の有料化が始まります

 国は、海洋プラスチックごみや地球温暖化等の課題を解決するため、法令を改正するとともに、「プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン」を公表しました。

 これにより、プラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化が全国一律で令和2年7月1日から始まります。

 共和町においても、ごみ減量による地球温暖化の防止、循環型社会の構築を図るために、マイバッグの持参促進によるレジ袋の削減を進めています。

 レジ袋の有料化にご理解とご協力をお願いします。

なぜレジ袋を有料化するの?

 国内では年間約305億枚のレジ袋が使用されており、一人当たり約300枚使用していることになります。

 共和町の人口約5,800人に換算すると、町内では年間約174万枚、1日当たり約4,700枚を超えるレジ袋が使われていることになります。

 また、レジ袋1枚当たり、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)を約60g排出するとされています。

 有料化はレジ袋の大幅削減に期待できる取り組みの1つです。

できることから始めましょう

 レジ袋の有料化を機に、普段何気なくもらっているレジ袋が本当に必要か考えてみましょう。

 レジ袋の削減は、ごみ減量化、地球温暖化の原因となるCO2の削減、石油資源使用量の削減などにつながります。

 ごみの減量化や地球温暖化の防止の基本は、「ごみになるものをもらわない」です。

 買い物の際にはマイバッグなどを持参し、不要なレジ袋を断ることでごみを出さない環境にやさしいライフスタイルに転換しましょう。

レジ袋有料化に伴うチラシPDFファイル(278KB)

レジ袋有料化に伴うQ&APDFファイル(1090KB) 

 

お問い合わせ先

共和町役場 住民生活課生活安全係
〒048-2292 北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-67-8783

更新情報