トップ > 各課のしごと > 住民生活課 > お知らせ > スプレー缶の穴開けにご注意ください!

スプレー缶の穴開けにご注意ください!

スプレー缶の穴あけ事故にご注意ください!

平成30年12月に札幌市豊平区でスプレー缶の穴開け作業中に、何らかの原因で引火した火災が発生しました。全国的にも穴あけ事故による火災が増えています。

スプレー缶は生活に便利で欠かせないものとなっておりますが、缶の中には可燃性の液化石油ガス(LPG)が入っており、取り扱いに注意が必要です。

特に増えているのが、スプレー缶を使用し終わった後、缶に穴をあけてガス抜きを行うときで、充満したガスや中に残っていたガスが、近くの火気に引火することにより火災となってしまうケースです。

ご自身やご家族、財産を守るためにも、次の注意事項を確認して安全に処分するようお願いいたします。

    スプレー缶を廃棄する際の注意事項

  1. 共和町での廃棄方法は、缶の中身を使い切ったあと穴を開けて、他のごみとは分け、燃やせないごみの指定袋で出します。
  2. ガス抜きをするときは、必ず火気のない風通しのよい屋外で行い、完全にガスがなくなるまで噴射します。
  3. 缶に穴をあけるときは、ガス抜きが完全に終わったことを確認してから行い、製品に記載されている注意書きに従って行ってください。釘や金づちを使って穴をあけると火花が発生して引火爆発のおそれがあり、たいへん危険なので、専用器具等を使って安全に穴をあけます。
  4. 可燃性ガスは空気より重たい性質があり、拡散しづらいため、ガス抜き、穴をあけた場所付近では、火気による引火に注意してください。しばらくは、付近でたばこを吸ったりすることは危険です。

お問い合わせ先

共和町役場 住民生活課生活安全係
〒048-2292 北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-73-2011(内線134)

お知らせ

共和町タウンガイド

イベント情報

イベント情報