トップ > 共和町の紹介 > 「新共和町史」について

「新共和町史」について

共和町は、安政4年(1857年)に徳川幕府直轄の開墾場として、幌似地区と発足地区に「御手作場(おてさくば)」を設けたのがはじまりです。
本町は平成18年に開基150年を迎え、この年の記念行事の一環として、「新共和町史」を発刊しました。「新共和町史」は昭和47年に発刊した「共和町史」の増補版として、開拓の始まりから今日に至る共和町の150年を回顧した歴史書として作成されたものです。
町内外の皆様に共和町の歴史を身近に感じていただくとともに、先人の知恵とたゆまぬ努力によって、現在の共和町が形づくられるまでの歴史を皆様に知っていただき、郷土への愛着と理解を一層深めていただければ幸いです。

開拓時の伐採作業の写真

開拓時の伐採作業(明治初期)

東京オリンピックを祝うパレードの写真

東京オリンピックを祝うパレード(昭和39年)

新共和町史の写真

新共和町史

目次

第1編自然と環境
第2編開拓前史
第3編移住と開拓
第4編行財政と議会
第5編産業
第6編交通と通信
第7編社会
第8編教育と文化
第9編宗教

仕様

B5版全1巻1200貢

頒価

4,000円

なお、ご遠方の方には郵送でのお取り扱いもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

共和町役場 企画振興課企画調整係
〒048-2292北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-73-2011(内線231)

更新情報