トップ > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度は、高齢者の方の医療を国民みんなで支えあう健康保険制度です。

後期高齢者医療制度で支払う医療費の財源は、約5割を公費(税金)で、約4割を若い世代の保険料で、残りの1割を高齢者の方の保険料でまかなわれるしくみとなっています。

対象者について

75歳以上の方(75歳の誕生日から加入。手続きは必要ありません。)

65歳~74歳で、一定の障がいのある方(申請し、北海道後期高齢者医療広域連合の認定を受けた日から加入します。)

保険料の計算方法

加入するすべての方が保険料を負担します。

保険料は、被保険者全員が負担する「均等割」と、前年の所得に応じて負担する「所得割」の合計額です。

年度の途中で加入したときは、加入した月から月割になります。

保険料の軽減・減免

世帯の所得に応じて、次のとおり4段階の軽減があります。

この制度に加入したとき、被用者保険の被扶養者だった方は、負担軽減のため特別措置として、所得割がかからず、均等割が9割軽減となります。

保険料を納めることが困難な場合等ご不明な点は、医療年金係までご相談ください。

保険料の納め方

保険料の納め方は、「年金からのお支払い」と「口座振替」を選ぶことができます。

医療機関での一部負担金の割合

医療機関での一部負担(窓口負担)の割合は、「一般」の方は1割、「現役並み所得者」の方は3割です。

お問い合わせ先

共和町役場 住民福祉課医療年金係
〒048-2292北海道岩内郡共和町南幌似38番地の2
電話 0135-73-2011(内線136)

更新情報